住宅ローン 滞納

住宅ローンを滞納するとどうなる?

 

あなたは、

 

生活が苦しく、住宅ローンの支払いが遅れそう・・・
収入の減少やボーナスがカットされて、住宅ローンの返済が厳しい・・・
住宅ローンを滞納してしまい、督促状や一括弁済の通知が届いた・・・

 

など、住宅ローンの支払いについて悩んでいませんか?

 

ここで一つ!心配したり悩んでいるだけでは何も変わりません。

 

このサイトで正しい情報を得ればきっと、あなたの悩みが解消するはずです!!

 

住宅ローンを滞納すると・・・

 

実は、1〜2ヶ月続けて住宅ローンを延滞してしまうと、金融機関や住宅金融支援機構からアクションがあります。

 

最初は金融機関の住宅ローン担当者から電話連絡があり、「住宅ローンのお支払いいかがでしょう」などと、返済の可否について話を聞かれます。
この時点では、住宅ローン担当者の対応は顧客対応なので優しいものです。
言葉遣いも丁寧で親切に接してくれます。

 

しかしその後、滞納が2〜3ヶ月に及ぶと、「代位弁済手続き開始の予告」という通知が届きます。

 

その内容は、金融機関により表現の違いこそあれ要するに、
「このまま滞納し続けたら、ローンを一括で返済してもらいます。もし 一括返済がムリなら競売にかけます。」
ということを予告している通知です。

 

ここまで来ると、住宅ローン担当者の対応レベルは顧客でなくなりそうな人になります。

 

もしあなたが「分割であれば払える」と言うなら、ここで交渉をしないと間に合いません。

 

交渉すれば、かなり厳しい条件になるとは思いますが、条件変更(分割払い)に応じてくれる可能性があります。

 

さらに、滞納を続けたまま3〜6ヶ月が経過すると今度は、「代位弁済手続き開始」という通知が送られてきます。

 

この通知は、あなたに代わって住宅ローンを弁済した保証会社から届き、その内容は、「銀行から請求を受けて、あなたのローンを一括返済しましたので、ローンの残債に利息をプラスして速やかに一括で返済してください。返済しない場合には、住宅を競売に掛けます。」ということが書かれています。

 

早い話が、今すぐローンを一括返済しないなら競売にかけますという、いわば最後通告です。

 

このように、住宅ローンの滞納を3〜6ヶ月続けると、一括返済を求められ、それができなければマイホームは競売に掛けられてしまうのです。

 

このことは、あらかじめ決められたルールなので、泣こうが喚こうが淡々と事務的に進められてしまいます。

 

いくら家を失いたくないと言っても、借金して住宅ローンに支払いに充てる、などということは絶対にしてはダメ!新たな借金は更なる深みに陥ってしまう引き金になるだけです!!

 

住宅ローンを滞納しそうなときは・・・

 

上記の通り、住宅ローンの滞納に対して、金融機関は「待ったなし!」の対応をしてきます。

 

なので、もしあなたが住宅ローンを延滞してしまいそうなとき、あるいは滞納してしまったときには、スグに何らかの行動を起こさなければダメ!
そうしないと、競売にかけられてみすみすマイホームを失うことになりかねません。
間違っても、金融機関からの通知を無視するようなまねはしないでください!

 

競売とは、あなたの意志に関係なく、あなたのマイホームを裁判所が強制売却することです。
なので、売却することで得られるお金は全額、税金の滞納分や債権者に支払われます。
当然、あなたの手元には一銭も残りません。

 

さらに、競売になったからといって、あなたの借金が帳消しになるわけではありません。
マイホームの競落価格(競売で売れた価格)が、住宅ローンの金額に満たない場合には、その差額はあなたの借金として残ってしまいます。

 

しかも、競売の場合、市場で売却するよりも2?3割、場合によってはそれ以上安い価格で叩き売られてしまうため、マイホームを失った上に、多額の借金に悩まされることになるケースが多いのです。

 

金融機関に相談する

住宅ローンの返済が滞ってしまいそう、あるいは滞納してしまったなら、まずは借り入れている金融機関に相談しましょう。

 

「相談しても無駄」と最初から決めつけて何もしない人が多いのですが、実は何も対策をせずに放置しておくことは最もやってはいけないこと。
住宅ローンの返済が一度や二度滞ったからといって、いきなり家を競売にかけるような金融機関はありませんが、いつまでたっても当事者からの相談や申し出がなければ、時間の経過とともに競売手続きに向かってしまうことになります。

 

相談に当たっては、返済できなくなる(なった)事情を正直に告げて、以降についての話し合いをしてください。
条件が許せば、返済期間を延長して月々の返済額を減らしたり、一時的に利息だけの返済にするなどして、返済可能な状態にするリスケジュール(俗に言うリスケ)が認められるはずです。

 

基本的に、金融機関側はできるだけ返済を続けてほしいと考えています。
なので、滞納状態になったら(なりそうなら)、躊躇せずに相談することが大切です。

 

自らマイホームを処分して住宅ローンを返済する

金融機関に相談したけれど残念ながらリスケが認められなかった、という場合には担保となっている住宅を売却するのが現実的です。
このとき、マイホームを失い家を追い出された上に、多額の借金が残る競売を避ける方法の一つに任意売却があります。

 

任意売却とは、住宅ローンの支払いが難しくなった場合に、通常の住宅売買と同じ価格でマイホームを売却する方法です。

 

任意売却をしたからといって、借金をすべて帳消しにすることは難しいかもしれませんが、競売のように叩き売られてしまうことはないので、競売になるよりも残債(借金の残り)を減らすことができます。

 

また、任意売却には

 

・ 交渉次第で住宅を引き払う際の引越し費用を用立ててもらえる。
   (競売では引越し費用は出ません)

 

・ 残債(残った借金)を月々の分割払いにできる。
   (競売では一括での返済を求められます)

 

といったメリットもあります。

 

ただし、既に住宅ローンを滞納している場合には、債権者(銀行や住宅金融支援機構)の許可なく、勝手に任意売却をすることはできません。
任意売却をするには、債権者の合意が必要なんです。

 

なぜなら、金融機関は、任意売却では住宅ローンが完済されるわけではありませんが、保証会社に全額代位弁済させた(つまり競売にした)方がメリットが大きいのです。
そのため、普通に交渉しても、債権者が任意売却を承諾してくれることはほとんどありません。

 

任意売却をするなら、交渉力のある専門家に依頼するのが得策です。

 

→24時間対応・秘密厳守!任意売却に関する無料相談はこちら

 

 

 

マイホームに住み続けながら住宅ローンの問題を解決する方法とは?!